利用者の声

大田区・小学2年生(普通級・特別支援教室在籍)・ADHDを持つ男の子のお母さまより

 

息子は2年生にあがった頃から、授業中、離席したり、教室から出て校舎のまわりを徘徊したりしていました。呼び出されることも多く、授業の様子を見ていると、苦痛そうに顔を歪めて何とか椅子に座っていました。

 

1年生のときは、放課後はお友達と遊んだり、放課後広場に行ったりしていましたが、2年生になってからはそんな元気がないといって、自宅でぼんやりテレビやゲームをして過ごすようになりました。

 

「このままではいけない」

「何とかしなければ」

 

と思いつつ、何をどうしたらいいのかわからないときに、こどもラボさんに出逢いました。

 

放課後等デイサービスはいくつか見学に行ったのですが、今までは本人が「行きたくない」というので通うことが難しかったのです。行き渋りはじめると連れていくのが大変だったからです。なので、こどもラボさんでの時間はとても楽しいようで、生き渋ることなく、たのしみに通ってくれることが、ほんとうにありがたいです。

 

お迎えに行くと、はじけるような笑顔いっぱいで帰ってくる息子を見て、こどもラボさんにお願いしてほんとうによかったなと思っています。虚ろな目をしてゲームをしていた息子とは別人のようです。

 

先生方も、療育センターや放課後等デイサービス、スクールカウンセラーさんなど、いろいろなご経験の方々がいらっしゃり、頼もしく感じました。どのように支援を進めていくかも、丁寧にお話ししてくださいました。なによりも、息子のことを長い視点で本気で考えてくださっているんだなというのが言葉の端々からうかがえて、とてもうれしく安心できました。